2017年03月08日

道徳教育〜本当の「勇気」について〜

平成29年2月20日・27日(月)
総合的な学習の時間を利用して道徳教育が行われました。

rise kousya 01.jpg

本校では、難関大学合格に向けた「学力の向上」とともに、社会で“良き人間”として活躍するために「人間性の向上」を目標に掲げています。

道徳教育では、建学の精神である「愛と奉仕」を学びます。
今回は「愛と奉仕」を構成する理念の一つである“勇気”について学習しました。

DSC06958 (1).jpg

まずは復習です。
前回の授業では、建学の精神である「愛と奉仕」を構成する理念として“人間性”を学びました。

続いてグループワークに移ります。

DSC06972 (1).jpg

DSC07251 (1).jpg

生徒たちには「勇気を持って行動(挑戦)した経験」を思い出してもらいます。

DSC07093 (1).jpg

DSC07054 (2).jpg

DSC07140 (1).jpg

DSC07155.jpg

次に、自分たちの体験をグループで共有・発表します。
勇気を持った行動した時、どういう思いだったのか、恐れは躊躇いはなかったのか……様々な視点から“勇気”について考えます。

DSC07192 (2).jpg

DSC07261 (1).jpg

そして「まとめ」です。

ここでは教員の体験も交えながら“勇気”とは何かについて考えます。
重要なのは「恐れる」こと――様々なリスクを踏まえ、それでも行動に移すことが“勇気”である。
今回の授業では、そう結論付けました。


MAH06953 (1).jpg

日本は今、大きな転換期に差し掛かっています。
今後の世界、日本を導くことのできる人材が求められています。
そのためには「高い学力」はもちろん、さらに「高い人間性」が必要だと細田学園は考えています。
より“良い人間”を目指して――
これからも細田学園は生徒指導に取り組んでいきます。

DSC07027.jpg


さらなる高みへ ―  


z-rise.jpg

新生・細田学園へGO!
posted by siraumekun at 08:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする