2019年08月06日

日本の頭脳・理化学研究所を訪問しました。

今回の細田学園高校ブログは理化学研究所見学の様子をお届けします。

令和元年78()、和光市にある世界最先端の研究所「理化学研究所」を訪問しました。細田学園の中でも研究に興味を持つモチベーションの高い生徒たち,どのような見学会の内容だったのか,ご紹介します!


理化学研究所(以下,理研)のある和光市は,駅を降り立ったところからとても科学的な都市でした。街の至るところに元素記号が飾られており,2016年に理研により命名された113番目の新元素「ニホニウムNhnihonium)」は通りの名称になっていました。

IMG_0162.jpg


展示棟には,1917年創立から約100年間の研究成果がずらりと並んでいます。

IMG_0166.jpg

まずは担当の方から,理研の概要を説明して頂きました。あれも,これも,教科書に載っている現象が理研による発見だったことを知り,生徒たちも驚いていました。

IMG_0170.jpg


113番目の新元素「ニホニウムNh」発見の歴史的経緯についてのわかりやすい漫画を11冊ずつ頂きました。新元素発見は歴史的にみても大変貴重な機会だったので,ぜひ広く知ってもらいたいとのこと,若い世代にもアピールするために漫画化されたのだそうです(非売品)。

IMG_0171s.jpg

IMG_0172s.jpg


続いて,仁科加速器科学研究センターの見学です。実際にRIBF(RI Beam Factory)棟に立ち入り,研究者の方から研究紹介をして頂いたり,ビームファクトリーの一角である「BigRIPS」を見学させて頂いたりしました。

IMG_0184.jpg

地下深くにあるビームファクトリー内部は,とても厚い金属の扉で覆われていました。見学日に加速器は動作していませんでしたが,実際に稼働している時には厳重に外部と遮断されているそうです。

IMG_0189.jpg

IMG_0191.jpg

全てが大規模,見たこともないような装置に囲まれて生徒たちは圧倒されています。

IMG_0192s.jpg

IMG_0198.jpg

IMG_0200s.jpg

この巨大な金属はリングサイクロトロンの一角です。磁場を生成するための原理について,研究者の方が説明してくださいました。物理の授業で習ったあの原理がここで使われているのだ!…と上級生たちは実感を持ってくれたようです。

IMG_0206s.jpg

こちらは見学コースに飾られていたレゴで作られた「核図表」,なかなかマニアックですが,難しい研究内容に親しみやすい工夫もなされていました。

IMG_0179.jpg

最後に理研入り口で記念写真を1枚。

IMG_0215.jpg



見学に参加した生徒の皆さん,いかがでしたか?


細田学園では,将来なりたい自分について考える機会を多く設けており,そのうちの一つが今回の理研訪問でした。研究に興味のある生徒が,実際に世界最先端の研究所を訪問することで,将来についてのモチベーションを高めることにつながったのではないかと思います。


細田学園では林進路指導部長をはじめとして,すべての教員が生徒ひとりひとりの未来をサポートしています。



IMG_0216.jpg

さらなる高みへ


z-rise-260db.jpg

posted by siraumekun at 10:07| 理数系教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする