2016年12月19日

君の手で未来を掴め!
未知への挑戦を続ける理化学研究所
社会人講演会DMF - Discover My Future

rise DMF (2).jpg
生徒ひとりひとりが持つ「夢」を具体的な「ゴール」に変えていく。
そのために細田学園では、すでに世界を舞台に各分野で活躍する20〜30代のトップランナーと対話する講習会を実施。授業だけでは学ぶことができない貴重な時間を体験し、自らの将来を高めるような「発見」を重ねていきます。

平成28年11月21日(月)
年内最後となる今回の講演者は、和光市にある理化学研究所からお越しいただきました。

DSC03420.jpg
DSC03429 (1).jpg
会場となる体育館に1年生から3年生まで、全校生徒が集合します。

DSC03437.jpg
DSC03446.jpg
今回の社会人講演会では、和光にある理化学研究所から磯部忠昭様にご来校いただきました。

DSC03495.jpg
理化学研究所といえば2004年に113番目の元素を発見したことで話題になりました。発見された元素は今年11月に「ニホニウム」と命名され、元素周期表にアジアの国としては初めて、日本発の名前が残されることになりました。

DSC03523.jpg
DSC03528.jpg
DSC03504 (1).jpg
理研仁科加速器研究センターにある重イオン加速器。

DSC03531.jpg
DSC03592 (1).jpg
原子のなりたちのプロセスを理解すること、それが物質を人工的に制御することに繋がります。

DSC03552.jpg
DSC03555.jpg
DSC03632 (1).jpg
講演では、物質を構成する元素についてのクイズも出題され、正解者にはプレゼントをいただきました。磯部様、本当にありがとうございました。

DSC03564.jpg
DSC03567.jpg
DSC03569.jpg
新しい元素を生み出す方法。生み出されたものの中から、研究したい原子を取り出します。

DSC03677 (2).jpg
IMG_1213 (1).jpg
DSC03694 (1).jpg
DSC03598 (1).jpg
研究に関するお話だけでなく、磯部様からは細田学園の生徒に向けていくつもの大切なメッセージを送っていただきました。

また、講演会終了後には磯部様と生徒を交えてのパネルディスカッションが行われました。続けて、そちらの様子もご覧ください。

DSCF2351.jpg
会場は新校舎2階のライズホールです。

DSCF2360.jpg
DSCF2343.jpg
DSCF2357.jpg
DSCF2367.jpg
今回の講演に関することはもちろんのこと、それ以外についても質問が行われます。どの質問にも、非常に丁寧に答えていただきました。

IMG_1117.jpg
今回の社会人講演会も生徒へのメッセージ性に富んだ、非常に有意義なものとなりました。生徒の皆さんには、講演のなかで伝えられたアドバイスをしっかりと受け止め、自らの成長の糧にしていただきたいと思います。

最後になりますが、ご多忙にもかかわらず、細田学園の生徒のために時間を割いていただき、素晴らしい講演をしていただきました磯部様に心より御礼申し上げます。


DMF_RISE 02.jpg
さらなる高みへー

z-rise.jpg

新生・細田学園へGO!
posted by siraumekun at 15:17| キャリア教育プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする