2019年07月24日

量子の世界のサイエンス最前線!
埼玉大学理学部特別授業

2019年7月17日(水)に、埼玉大学理学部から先生を招きし、特別授業が行われました!
今回のタイトルは「加速器によるミクロな物理の実験〜宇宙、新元素、社会への応用〜」です。
日常生活では体験できない量子の世界の最前線として、加速器を利用したサイエンスの話をうかがいました。

IMG_1338.jpg

元素「ニホニウム」をご存じでしょうか。
この元素は加速器を使った実験で、日本で初めて発見されました。
なんと先生は、その実験に参加された方なのです!

IMG_1335.jpg

元素を発見すると、元素の命名権を得ることができます。
日本で発見されたことから、日本語を使った名前にしようということで、
「ニホニウム」という名前になったそうです。
上の写真は、命名会議の記念写真で、貴重な1枚です。

IMG_1336.jpg

生徒たちは貴重なお話に興味津々です。

IMG_1339.jpg

IMG_1337.jpg

その後原子核を人工的に作ることや、加速器を利用した医療への応用のお話がありました。

科学の最先端の技術に触れることで、生徒は科学への興味をより深めた様子でした。
目を輝かせた彼らの中から、将来研究者として活躍する生徒が現れるかもしれません。

貴重なお話、ありがとうございました。


IMG_9182 (2).jpg
さらなる高みへー

z-rise-260db.jpg



posted by siraumekun at 07:33| 理数系教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする